スポンサーサイト

2012.09.28 Friday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012年9月18日のマーケット予想

2012.09.18 Tuesday | by Mr.S
株:NYダウ反落
17日の米株式市場は、9月NY連銀製造業景気指数が-10.41と市場予想を下回ったことや、先週の急騰を受けた利益確定の売りが優勢となり、5日ぶりに反落して引けた。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比40.27ドル安の13,553.10ドルで引けた。
本日の東京市場では、激化する中国での反日デモの動向が懸念材料となっていることや、米株式市場が下落していることなどが、株式市場にとってマイナス材料となりそうだ。シカゴ先物市場の日経平均先物が9,145円となっており、株式市場の予想レンジは、9,050円−9,200円となっている。

為替:円が下落
17日の外国為替市場では、FRBが先週、追加量的緩和を打ち出したことを受けて、今週開かれる日銀の金融政策決定会合で何らかの対策が打ち出されるとの期待感が広がる中で、円が下落する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は78円台後半、ユーロドルは1.31ドル台前半となっている。
本日は、英8月消費者物価指数(予想:前月比+0.5%)、独9月ZEW景況感指数(予想:-20.0)などの経済指標の発表が予定されている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.50−79.20円となっている。

商品:NY原油急落
17日のNY原油先物取引は、北アフリカや中東地域で対米抗議デモが続いており、中東の地政学的リスクが高まっていることなどを好感し、堅調に推移していた。しかし、引け間際に、戦略石油備蓄を放出するとのうわさが広がったことや、プログラム取引の誤作動が原因とみられる売りが大量に出たことなどから、相場は急落し、中心限月の10月限の終値は、前営業日比2.38ドル安の1バレル96.62ドルで引けた。
NY金先物取引では、先週の急騰を受けた利益確定の売りが優勢となり、反落して引けた。中心限月の12月限の終値は、前営業日比2.10ドル安の1オンス1,770.60ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月14日のマーケット予想

2012.09.14 Friday | by Mr.S
株:NYダウ続伸
13日の米株式市場は、FRBが、この日のFOMC声明で、現行の超低金利政策を従来の2014年度から15年半ばに延長することや、米労働市場が改善するまで、毎月400億ドルの住宅ローン担保証券の買い入れによる量的緩和第3弾の実施を決定したことを好感し、大幅続伸して引けた。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比206.51ドル高の13,539.86ドルで引けた。
本日の東京市場では、米株式市場が上昇しており、株式市場にとってプラス材料となりそうだ。シカゴ先物市場の日経平均先物が9,000円となっており、株式市場の予想レンジは、8,950円−9,100円となっている。

為替:ドルが下落
13日の外国為替市場では、FRBが追加金融緩和の実施を決定したことを受けて、ドルが主要通貨に対して下落する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は77円台半ば、ユーロドルは1.29ドル台後半となっている。
本日は、米8月消費者物価指数(予想:前月比+0.2%)、米8月小売売上高(予想:前月比+0.8%)、9月ミシガン大学消費者信頼感指数(予想:74.0)などの経済指標の発表が予定されている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては77.20−78.00円となっている。

商品:NY原油反発
13日のNY原油先物取引は、イエメンで米大使館が襲撃されるなど、イスラム圏で反米抗議デモが多発するなど、中東の地政学的リスクが強まったことや、FRBが追加金融緩和の実施を決定したことを好感し、反発して引けた。中心限月の10月限の終値は、前営業日比1.30ドル高の1バレル98.31ドルで引けた。
NY金先物取引でも、FRBが追加金融緩和の実施を決定したことを受けて、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことや、将来のインフレ圧力が強まるとの懸念が膨らんだことから、インフレヘッジとしての金に買いが入り、大幅反発して引けた。中心限月の12月限の終値は、前営業日比38.40ドル高の1オンス1,772.10ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月13日のマーケット予想

2012.09.13 Thursday | by Mr.S
株:NYダウ続伸
12日の米株式市場は、独憲法裁判所が、一定条件のもとで欧州安定メカニズム(ESM)と欧州財政協定の批准を認める判断を下したことを受けて、欧州債務問題に対する懸念が和らいだことなどを好感し、上昇して始まった。ただ、その後は、FOMCの決定を前に警戒感が強まり、上げ幅を削る展開となった。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比9.99ドル高の13,333.35ドルで引けた。
本日の東京市場では、米株式市場が小動きだったことや、FOMCの発表を控える中で、動きづらいとの声がある。シカゴ先物市場の日経平均先物が8,945円となっており、株式市場の予想レンジは、8,900円−9,000円となっている。

為替:ユーロが上昇
12日の外国為替市場では、独憲法裁判所がESMを条件付きながら合憲とする判断をしたことなどを好感し、ユーロが上昇する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は77円台後半、ユーロドルは1.28ドル台後半となっている。
本日は、FOMCに注目が集まっている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては77.40−78.20円となっている。

商品:NY原油反落
12日のNY原油先物取引は、独憲法裁判所がESMを条件付きながら合憲とする判断をしたことなどを好感し、上昇して始まった。しかし、その後、EIAの週間在庫統計で、原油在庫が前週比200万バレル増と予想外の積み増しとなったことを嫌気した売りが入り、マイナス圏に沈んだ。中心限月の10月限の終値は、前営業日比0.16ドル安の1バレル97.01ドルで引けた。
NY金先物取引では、最近の上昇を受けた利益確定の売りが入り、反落して引けた。中心限月の12月限の終値は、前営業日比1.20ドル安の1オンス1,733.70ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月12日のマーケット予想

2012.09.12 Wednesday | by Mr.S
株:NYダウ反発
11日の米株式市場は、12日の独憲法裁判所によるESM合憲性の判決で、合憲との判断が下されるとの期待感が広がったことや、今週のFOMC後に、FRBが追加金融緩和を発表するとの観測が強まったことなどを好感し、反発して引けた。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比69.07ドル高の13,323.36ドルで引けた。
本日の東京市場では、米株式市場は上昇した一方で、為替市場でドル安円高が進行しているなど、強弱材料が交錯する中で、動きづらいとの声がある。シカゴ先物市場の日経平均先物が8,810円となっており、株式市場の予想レンジは、8,750円−8,850円となっている。

為替:ドルが下落
11日の外国為替市場では、格付け会社ムーディーズが米議会での財政赤字削減交渉が不発に終わった場合、米国の格付けを引き下げるとの見通しを発表したことや、12-13日のFOMC後に、FRBが追加金融緩和を発表するとの観測が強まったことなどを背景にドルが主要通貨に対して下落する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は77円台後半、ユーロドルは1.28ドル台半ばとなっている。
本日は、独憲法裁判所によるESM合憲性の判決に注目が集まっている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては77.40−78.20円となっている。

商品:NY原油続伸
11日のNY原油先物取引は、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことや、FRBによる追加金融緩和観測が高まったことなどを背景に買いが優勢となり、5日続伸となった。中心限月の10月限の終値は、前営業日比0.63ドル高の1バレル97.17ドルで引けた。
NY金先物取引でも、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことなどを背景に買いが優勢となり、反発して引けた。中心限月の12月限の終値は、前営業日比3.10ドル高の1オンス1,734.90ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月11日のマーケット予想

2012.09.11 Tuesday | by Mr.S
株:NYダウ反落
10日の米株式市場は、中国の8月貿易統計で、輸入が前年比-2.6%と予想外に減少となり、同国の景気鈍化懸念が高まったことや、FOMCを前に、相場をけん引してきたインテルやアップルなどのハイテク株を中心に利益確定の売りが入り、反落して引けた。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比52.35ドル安の13,254.29ドルで引けた。
本日の東京市場では、米株式市場が下落しており、株式市場にとってマイナス材料となりそうだ。シカゴ先物市場の日経平均先物が8,815円となっており、株式市場の予想レンジは、8,750円−8,900円となっている。

為替:ユーロが下落
10日の外国為替市場では、前週末急騰したユーロにポジション調整の売りが入り、ユーロが下落する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は78円台前半、ユーロドルは1.27ドル台半ばとなっている。
市場では、12日の独憲法裁判所によるESM合憲性の判決や、12-13日にかけて開催されるFOMCに注目が集まっており、本日も動きづらいとの声がある。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.00−78.60円となっている。

商品:NY原油続伸
10日のNY原油先物取引は、中国の8月原油輸入量が前月比15.7%減の1,840万トンとなり、中国の原油需要が鈍化したことが嫌気され、一時95.34ドルを付けた。ただ、その後は、米国の追加金融緩和への期待感が膨らむ中で、値を戻す展開となった。中心限月の10月限の終値は、前営業日比0.12ドル高の1バレル96.54ドルで引けた。
NY金先物取引では、前週までの上昇を受けた利益確定の売りが優勢となり、反落して引けた。中心限月の12月限の終値は、前営業日比8.70ドル安の1オンス1,731.80ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月10日のマーケット予想

2012.09.10 Monday | by Mr.S
株:NYダウ続伸
7日の米株式市場は、8月米雇用統計で、非農業部門雇用者数が+9.6万人と市場予想を大幅に下回ったほか、前月と前々月の増加幅も下方修正されたことを受けて、FRBが今週のFOMC後に追加金融緩和を発表するとの観測が高まり、株価は堅調に推移した。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比14.64ドル高の13,306.64ドルで引けた。
本日の東京市場では、米株式市場は小幅上昇したものの、為替市場で円高が進行しているなど、強弱材料が交錯する中で、動きづらいとの声がある。シカゴ先物市場の日経平均先物が8,875円となっており、株式市場の予想レンジは、8,800円−8,900円となっている。

為替:ドルが下落
7日の外国為替市場では、低調な米雇用統計を受けて、米国の追加金融緩和観測が高まり、ドルが主要通貨に対して下落する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は78円台前半、ユーロドルは1.28ドル台前半となっている。
今週は、12-13日にかけて開催されるFOMCに注目が集まっており、本日は動きづらいとの声がある。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.00−78.70円となっている。

商品:NY金続伸
7日のNY原油先物取引は、米雇用統計が失望する内容となり、米国の追加金融緩和への期待感が強まったことや、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことを背景に買いが優勢となり、続伸して引けた。中心限月の10月限の終値は、前営業日比0.89ドル高の1バレル96.42ドルで引けた。
NY金先物取引でも、米国で追加金融緩和への期待感が膨らんだことや、為替市場のドル安・ユーロ高などを背景に買いが殺到し、大幅続伸となった。中心限月の12月限の終値は、前営業日比34.90ドル高の1オンス1,740.50ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月7日のマーケット予想

2012.09.07 Friday | by Mr.S
株:NYダウ続伸
6日の米株式市場は、ECB理事会で、政策金利は0.75%で据え置いたものの、重債務国であるスペインやイタリアを念頭に、償還期間が3年までの国債を無制限に買い入れる計画を発表したことを受けて、欧州圏の債務危機に対する不安感が後退したことに加えて、8月ADP全米雇用報告が+20.1万人、8月米ISM非製造業景況指数が53.7といずれも市場予想を上回ったことなどを好感し、大幅続伸となった。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比244.52ドル高の13,292.00ドルで引けた。
本日の東京市場では、欧米株式市場が上昇したことや、為替市場で円安が進行したことなどが、株式市場にとってプラス材料となりそうだ。シカゴ先物市場の日経平均先物が8,850円となっており、株式市場の予想レンジは、8,750円−8,900円となっている。

為替:ユーロが上昇
6日の外国為替市場では、ECBがユーロ圏債務危機の拡大阻止に向けて、新たな国債買い入れプログラムを発表したことを受けて、欧州債務問題に対する懸念が後退し、リスク資産への投資が活発化したことから、ユーロや高金利通貨である豪ドルなどが上昇する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は78円台後半、ユーロドルは1.26ドル台前半となっている。
本日は、米8月雇用統計(予想:失業率8.3%、非農業部門雇用者数+13.0万人)に注目が集まっている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.50−79.30円となっている。

商品:NY金反発
6日のNY原油先物取引は、EIAの週間在庫統計で、原油在庫が前週比740万バレル減と大幅な取り崩しとなったことや、ECBの国債購入計画の発表などを好感した買いが入り、一時97.71ドルを付けた。しかし、その後は、急速に買われた反動から利益確定の売りが膨らみ、上げ幅を大幅に縮小して引けた。中心限月の10月限の終値は、前営業日比0.17ドル高の1バレル95.53ドルで引けた。
NY金先物取引では、為替市場でユーロ高・ドル安が進行したことなどを好感し、一時1,716.90ドルを付けたものの、良好な米経済指標を受けて、米国の追加金融緩和の期待感が後退し、上げ幅を縮小する展開になった。中心限月の12月限の終値は、前営業日比11.60ドル高の1オンス1,705.60ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月6日のマーケット予想

2012.09.06 Thursday | by Mr.S
株:米株式市場ほぼ横ばい
5日の米株式市場は、6日のECB理事会や7日の米雇用統計を控える中で、様子見ムードが強まり、ほぼ横ばいで引けた。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比11.54ドル高の13,047.48ドルで引けた。
本日の東京市場では、ECB理事会などの重要イベントが控える中で、様子見ムードが強まっていることや、シカゴ先物市場の日経平均先物が8,695円と、前日の日経平均株価とほぼ同水準となっており、動きづらいとの声がある。株式市場の予想レンジは、8,650円−8,750円となっている。

為替:ユーロが上昇
5日の外国為替市場では、ECBがスペインやイタリアなどの重債務国の国債を無制限に買い入れる可能性があるとの報道を受けて、ユーロが上昇する展開となった。NY終値ベースで、ドル円は78円台前半、ユーロドルは1.26ドル近辺となっている。
本日は、ECB理事会(政策金利の公表)に注目が集まっている。経済指標の発表でも、豪8月雇用統計(予想:新規雇用者数+0.5万人、失業率5.3%)、8月ADP全米雇用報告(予想:+14.0万人)、8月米ISM非製造業景況指数(予想:52.5)などが予定されている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.00−78.80円となっている。

商品:NY原油ほぼ横ばい
5日のNY原油先物取引は、ECB理事会と米雇用統計の発表を控える中で、動意薄の展開となった。中心限月の10月限の終値は、前営業日比0.06ドル高の1バレル95.36ドルで引けた。
NY金先物取引でも、ECB理事会や米雇用統計の発表を控えて、動意薄の展開となった。中心限月の12月限の終値は、前営業日比2.00ドル安の1オンス1,694.00ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月5日のマーケット予想

2012.09.05 Wednesday | by Mr.S
株:NYダウ反落
4日の米株式市場は、米8月ISM製造業景況指数が49.6と3か月連続で景気判断の境い目となる50を割り込んだことなどが嫌気され、NYダウは一時13,000ドルの大台を割り込んだ。ただ、アップルが9月12日に開く発表会の招待状を送付したとの報道を受けて、新型iPhoneの発表が行われるとの観測が高まり、アップルの株価が反転したことをきっかけに、ハイテク株や通信株を中心に買い戻しの動きが入る展開となった。ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比54.90ドル安の13,035.94ドルで引けた。
本日の東京市場では、6日のECB理事会などの重要イベントが控える中で、様子見ムードが強まっていることや、シカゴ先物市場の日経平均先物が8,795円と、前日の日経平均株価とほぼ同水準となっており、動きづらいとの声がある。株式市場の予想レンジは、8,700円−8,850円となっている。

為替:ユーロが下落
4日の外国為替市場では、6日のECB理事会で、ECBが打ち出す債務危機対策が具体性に欠ける内容になるのではないかとの見方が浮上する中で、ユーロが小幅下落した。NY終値ベースで、ドル円は78円台前半、ユーロドルは1.25ドル台半ばとなっている。
本日は、豪第2四半期GDP(予想:前年同期比+3.7%)などの経済指標の発表が予定されている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.00−78.80円となっている。

商品:NY原油反落
4日のNY原油先物取引は、8月ユーロ圏製造業購買担当者景気指数改定値が速報値から下方修正されたことや、米国の経済指標が低調な内容となるなど、世界経済の成長が減速し、原油需要が鈍化するのではないかとの懸念が強まったことなどが嫌気され、反落して引けた。中心限月の10月限の終値は、前営業日比1.17ドル安の1バレル95.30ドルで引けた。
一方、NY金先物取引では、米国の経済指標が低調だったことで、追加金融緩和観測が高まったことなどを背景に買いが優勢となり、一時1,700ドルの大台を回復するなど、堅調に推移した。中心限月の12月限の終値は、前営業日比8.40ドル高の1オンス1,696.00ドルで引けた。

 

                                                                                          

2012年9月4日のマーケット予想

2012.09.04 Tuesday | by Mr.S
株:米株式市場休場
3日の米株式市場は、レーバーデーのため休場となっている。欧州株式市場では、ECBが6日の理事会で債券買い入れプログラムについての詳細を明らかにするとの期待感が強まったことなどを好感し、堅調に推移した。
本日の東京市場では、米国市場が休場だったことや、6日のECB理事会などの重要イベントが控える中で、動きづらいとの声がある。株式市場の予想レンジは、8,700円−8,850円となっている。

為替:様子見ムードが強まる
3日の外国為替市場では、米国市場が休場だったことに加えて、6日のECB理事会、7日の米雇用統計を控える中で、様子見ムードが強まり、動意薄の展開となった。NY終値ベースで、ドル円は78円台前半、ユーロドルは1.25ドル台後半となっている。
本日は、豪準備銀行理事会(政策金利の公表)や、米8月ISM製造業景況指数(予想:50.0)などの経済指標の発表が予定されている。本日のドル円の市場の予想レンジとしては78.00−78.70円となっている。

商品:米商品市場休場
3日の米商品市場はレーバーデーのため休場となっている。
東京市場の夜間取引では、欧米の追加金融緩和への期待感などを背景に、貴金属やエネルギー銘柄を中心に堅調に推移している。

 

                                                                                          

サイトポリシー
当ブログに記載されている情報内容には万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。
また、当ブログにて提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。掲載内容によって生じたいかなる損害についても一切責任を負いかねますので、予めご了承下さい。したがって、銘柄の選択、売買の最終判断は、くれぐれもご自身の判断でなさるようお願い致します。


商品ファンド 重要事項
             
      
Profile
      
             
           
                    
      
Links
      
             
      
      
Sponsored links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM